2018年02月24日

ファンシーカラー・サファイア

「ファンシーカラー」「ファンシーシェイプ」など、標準的でないものの形容に使う「ファンシー」。

英語で「fantasy(ファンタジー、幻想)」と同じ語源なんですね。
「想像」という意味もあるようです。

2015_0128_142143-DSC07416.JPG


ルビーやブルーサファイアと同じ鉱物 コランダムです。
でもさらに透明感がありスッキリした印象。
硬度と屈折率の高さが、よ〜く活きてます



ときめく春 元気が出そうなビタミンカラー。
「風水」でも人気のカラーです♪
一部はホームページでどうぞ


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 12:51| Comment(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

心躍る瞬間をあなたも♪

変色性のある宝石といえば、代表格はアレキサンドライト。

高品質ルースは、このところ価格が高騰しています。

昨年12月のテレビ「マツコの知らない世界」でも紹介されましたね。

RIMG2766.JPG


でも、もっとリーズナブルに変色を楽しみたい♪

そんな方におススメしたいのが、カラーチェンジ・ガーネットです



妖しい色変化が楽しめます。
もちろん天然無処理のガーネット。

ジュエリーなら、まずは指輪がおススメ。



心躍る瞬間をあなたも経験しませんか?


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 13:28| Comment(0) | ガーネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

豊中 服部緑地にある民家集落博物館

国内初の屋外型博物館 民家集落博物館へ行ってきました。

DSC_0729.jpg
傾斜がスゴイ!白川郷の合掌造り


豊中市内 服部緑地公園の中にあります。

DSC_0725.jpg
宮崎県 椎葉村の民家

わたしの母の実家は、同じ宮崎県の高鍋町というところ。
農耕用の牛も飼ってたし、やはり似てる気がしました。

DSC_0728.jpg


子供心に記憶に残ってる堺の風車。

堺にある妻の実家近くに、20年ほど前まで朽ちた風車が残ってましたが・・・。

DSC_0726.jpg
信濃 秋山の民家



どの家も、幾世代も受け継がれた生活に密着した芸術作品だと思います。

わたし共のジュエリーも、そうあって欲しいものです(^u^)


DSC_0727.jpg


咲きはじめた梅が、春の到来を告げています。

心安らぐ素晴らしい博物館。
あなたも一度訪れてみてはいかがでしょう?





地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]



posted by ジーロンド at 18:30| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

エピソードが楽しい「世界一珍しい宝石」

アイルランドのターフェ伯爵は、アマチュア宝石研究者。
1945年のある日 単屈折宝石 スピネルの包みの中から、ひとつだけ複屈折のルースを見つけます。

不審に思った彼。
屈折計や比重を調べてもわからない(汗)
結局、ロンドンにある英国宝石学協会 教育部長だったB.W.アンダーソン博士の元へ送り届けます。

やがて、それはまったく存在しなかった未知の宝石と判明。
発見者の名から、ターフェアイトと名づけられます。

2017_0625_103140-RIMG1940.JPG


1970年代までは、イギリスとアメリカで2ピースずつ。
世界中でたったの4ピースしか確認されていませんでした。



「世界一珍しい宝石」としてギネスブックにも掲載されます。
ファンの間では、別名「ギネスストーン」とも呼ばれるようになったとさ


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ターフェアイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

同じ種類だと思われていた二つの宝石

ミャンマー モゴック地区で採れた美しい二つのルース



ラテン語で「赤」を意味する”ruber”が語源の宝石。
そう、ルビーです!

と言いたい所ですが、右側のやや暗くオレンジがかった方は、スピネル。

ルビーとスピネルが別々の宝石だってわかったのが、235年前 1783年のこと。

その162年後 スピネルからさらにあの新種宝石 ターフェアイトが発見されます。
その当時は、誰にも想像できなかったでしょうね

ジーロンドに勢ぞろいした宝石たちには、そんな物語があります


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 13:00| Comment(0) | スピネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

「毎日を笑顔で過ごしています♪」 

「あっと言う間にひと月経ちましたが、お元気ですか?
毎日毎日ニコニコしながら眺めております。
ルースの段階から一目惚れしたピンクサファイアを とっても素敵なリングに仕上げてくださりありがとうございました。

高田さん2.jpg


さすがに誂え物は素晴らしく ずっと前からここにいてくれた様な馴染み様でございます。
ありがとうございました。
またクリーニングがてら 楽しいお話し伺いにまいりますね。」

            *   *   *

こちらこそありがとうございました!
初めてお越し頂いたとは思えないくらい、話が弾み笑いが絶えませんでしたね

「自分らしさ」を大事にしたいのがジーロンドのモットー。
宝石が光り輝くのはもちろん!
お客様ご自身を光り輝かせる力があるのです


お客様がオーダーされたジュエリーは、コチラのページにてご覧下さいませ

2016_1214_173014-RIMG0573.JPG


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ピンクサファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

大粒2カラットのベキリーブルーガーネット

赤や緑、黄色などいろんなカラーがある宝石 ガーネット

2016_1230_103142-RIMG0646.JPG


ただブルーだけが存在しないというのが常識でした。

ところが、1998年 マダガスカル南部ベキリー地区で見つかったガーネットが、その常識を打ち破ったのです

RIMG2987.JPG


さらに業界人を驚かせたことがありました。
アレキサンドライトのような変色性も持ち合わせてたことです!

RIMG2986.JPG


もちろんフツーのガーネットより1カラット単価はぐっと上がります。
でもアレキサンドライトよりはお迎えしやすい価格(笑)

久しぶりに大粒2カラットが入荷しました。
オーダージュエリー製作例とともに、ホームページでご確認頂けます


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 12:08| Comment(0) | ガーネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

「世界一有名なルビー」はルビーじゃない!?

英国王室 戴冠式用の王冠 インペリアル・ステート・クラウン。

DSC_0715.jpg
むかしロンドン塔で買ったガイド本


この中央部に「世界一有名なルビー」がセットされています。
呼び名は、「Black Prince's Ruby(黒太子のルビー)」。

「黒太子」と呼ばれた英国 エドワード皇太子(1330〜1376)が、スペイン カスティリャ王国のドン・ペドロ王から贈られたもの。 

1415年 アザンクールの戦場では、絶体絶命の英国王ヘンリー5世を救ったと伝わる宝石です。

ところがこの宝石 実は、ルビーではなくスピネルだそうです

美しい色も産地もかぶるこの二種の宝石は、全く混同されてたんです。

スピネルはルビーとは違う鉱物だ!と指摘したのは、フランスの学者 ロメ・ド・リール。
フランス革命前の1783年のことでした。

でもむしろ、希少性は(レッド)スピネルの方が上だとされています。

マックス・バウアー(1844〜1917)は、名著「Edelsteinkunde(Precious Stones)」を書いたドイツの鉱物学者。
その著書の中で、宝石の価値基準を5段階に区別。
最上ランクの宝石に、ダイヤモンド、ルビー、サファイアと並んでスピネルを挙げています。



硬度もあって、エンハンスメントなしでも美しいスピネル。
当店でも人気の宝石です

動画のルースは、ホームページにてご覧頂けます


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 11:37| Comment(0) | スピネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

新しいあなた 始めませんか?

店内の花は、今 ビタミンカラー

RIMG2983.JPG
ガーベラ、バラ、カーネーションなど

お越しになるお客様に、さらに元気になって欲しくって

寒気が来てますが、日差しには春のきざしが感じられますね。
日も長くなってますし。

そんなタイミングで、新しいあなた 始めてみませんか?



きっとわたし共がお役に立てるかと存じます。

お客様の喜びの声もぜひご参考下さい

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 11:49| Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

三種のべリル

グリーンのエメラルドとレッドべリル(ビクスバイト)が、きわだって高価な宝石種 べリル。

それ以外の色もあって、各色それぞれに宝石名があります。

こんな動画もアップしてみました



この三種も、アニメ「宝石の国」に登場するキャラクターです。

ゴーシェナイトは、最初の発見地 アメリカ マサチューセッツ州の地名 Goshenから。

黄色いヘリオドールは、「太陽の贈り物」の意味。

モルガナイトは、人名 アメリカの大富豪 ジョン・ピアモント・モルガンが由来。
宝石収集家としても知られていた人物です。

ティファニー顧問の宝石学者クンツ博士が、店の上顧客の名前を付けたってワケ

RIMG2391-thumbnail2.jpg
「宝石の国」キャラクターのルースたち


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 13:16| Comment(0) | エメラルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする