2009年04月01日

野球用語の「ダイヤモンド」って?

先日の ワールド・ベースボール・クラシックは、日本の劇的な二連覇で盛り上がりました。 
(あの内川の守備 奇跡やなあ揺れるハート
覇を争った韓国の大健闘ぶりも特筆もの・・・。

今日は 春の甲子園も準決勝。週末からはプロ野球も開幕です。


さて、野球で内野のことを、しばしばダイヤモンドと言います。

dmd.JPG
      ダイヤモンド原石  南アフリカ共和国産  
                           
スピネルと同じ等軸晶系特有の正八面体の原石です。 

この頂点を ピッチャーマウンドに見立てて、そう言うらしいのですが・・・
息子の少年野球の監督は、内野の守備陣形だ と主張してるそう。

なるほど、カット済のルースを横から見た形か・・・。
ホントは どっちなんだろう?

今日から4月。
誕生石 ダイヤモンドの語源は ギリシャ語「アダマス(征服されざるもの)」。

古の人は、万物で最も硬い(モース硬度10)という特徴に敬意をもって そう呼びました。

カット、研磨が困難で、1475年にベルギー人 ルイ・ド・ベルケムが その加工法を確立した、と伝えられています。


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 09:44| Comment(0) | 宝石原石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: