2009年04月20日

マラヤ・ガーネット

1979年 タンザニアで発見された新種のガーネット。 Mg(マグネシウム)を主成分とするパイロープ。 Mn(マンガン)を主成分とするスぺサルティン。 その中間 「一族の除け者」という意味のマラヤ なる現地名で呼ばれていました。                
umb.JPG
            ウンバライト 1.02ct タンザニア、ウンバ鉱山産           
しかし、その名称は「娼婦」の隠語でもあったので 産出地の鉱山名で こう呼ばれることもあります。
 
今では 北隣のケニア、そしてスリランカからも産出があるよう・・・
posted by ジーロンド at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック