2009年10月25日

木津川リバークルーズ

大阪・西成区に生まれ育ち、現在に至るワタクシ。 隣の大正区の友人を訪問することになりました。 
区境、木津川を越えねばなりません。 そこで選択した交通手段は、自転車。 千本松大橋へ向かいます。 
江戸時代、白砂青松の景勝地だったそう・・・
                   
渡し1.JPG
         
川幅約200mってとこですが、この 浪速の名橋50選にも数えられる千本松大橋は、全長1.2km余。
地元では、皆 めがね橋と呼びます。 大阪検定にも出題されてましたが眼鏡
  
開通当時、中学だったワタシ、一度だけ自転車で往復したことが有りますダッシュ(走り出すさま)
ハードな登りの往路右斜め上 視界劣悪で猛スピード、スリル満点の復路遊園地 正直もう無理・・・
 
やはりここは渡し船を利用します。 いかにも昭和のレトロ感、いいものです。
ワタシ同様、ブロガーとおぼしき男性が遠い目で対岸を眺め、デジカメを撮ってました。
           
渡し2.JPG
      
西成より大正を望む
                       
秋の陽はつるべ落とし。 ひとしきり酒飲んで、ほろ酔い気分での帰りは、もうとっぷり日が暮れてました。
           
渡し3.JPG
       
大正より西成を望む
   
片道わずか2分のクルージング船 実は無料あせあせ(飛び散る汗)
架橋で廃止の運命にあった渡し船は、地元民には本当に貴重な足で、受け継がれていってほしい風景です。 操舵士さん、ありがとう。 また乗船させてなあるんるん
                    
ラベル:西成 大正 渡し船
posted by ジーロンド at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック