2009年12月05日

国家安康・・・君臣豊楽

京都・方広寺へも足を延ばしましたくつ

1614年、大坂冬の陣のきっかけになった有名な大梵鐘は残っています。
      
kane1.JPG
        
豊臣秀頼が奉納した この鐘の銘文に このブログタイトルの八文字を見つけた徳川家康は「逆心あり」と豊臣家に詰め寄ったのでした。
       
kane2.JPG
         
その翌年の夏の陣で、豊臣家は滅んでしまいます。
 
秀頼は、地震で壊れていた この寺の大仏殿も再興していましたが、後に落雷から焼失しました。
 
来日したドイツ人医師ケンペルが、この寺の壮大さを讃えた日記を残しています。

      
posted by ジーロンド at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック