2021年01月12日

宝石に残された「神の指紋」

宝石用語「インクルージョン」は、内包物や包有物と訳されます。

結晶する時、宝石(ホストジェム)の中に不純物が取り込まれる事は、いたって普通です。

特徴的なインクルージョンが、個性を引き立たせるケースがしばしば。
熱心な宝石ファンに むしろ愛好される物だってあります。

こんな感じでイギリスGem-A機関紙の表紙を飾ることも・・・。 

 
inclusion3.JPG
   

さて、インクルージョンの研究で多大な貢献をしたのが、故エドワード・J・グべリン博士。

その研究の集大成ともいえる著作「フォトアトラス」は、お店に常備してます。
写真だけでもじゅうぶん楽しい♪

 
inclusion1.JPG   inclusion2.JPG


はじめに紹介した雑誌の表紙のインクルージョン写真は、ロシア・ウラル産のデマントイド ガーネット。
その特徴的な「ホーステール(馬のしっぽ)」は、マニア垂涎のもの。

この宝石 イタリア、ナミビア、マダガスカルなどでも産出しますが、ホーステールが入るのはロシア・ウラル産だけ。
産地まで特定できるという実に貴重なインクルージョン。

 
2016_0530_105640-CIMG0898_237x180.JPG


色、テリ、そして美観を損ねない ほど良いホーステール・・・たまりませんぴかぴか(新しい)  

最後に、グべリン博士の残した名言を紹介しておきましょう。

「これらのジュエリーの中に、数千年前にも遡る過去の天然記念物が存在する事を知っている人は殆どいない・・・
貴石は、その神秘を探る事が出来る人には、ファラオがメンフィスに建てた巨大なピラミッドに負けない位興味深い物語を語りかける。
その壮大な内なる宇宙は『神の指紋』と呼ぶのが最もふさわしいのではないか。」

           ー宝石鑑別手段としてのインクルージョン、1953年ー 


ジュエリー ジーロンド
大阪メトロ なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp



大きな地図を表示
posted by ジーロンド at 12:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

あなたもファッションデザイナーになれる!オリジナルTシャツ販売サイト「OhYeah!」
Excerpt: ↑あなたもこんなシャツをデザイン・販売できます! ここでしか買えないデザインTシャツがいっぱいの「OhYeah!」!! 巷で騒がれているあの有名人・・・から、 プロが趣味でデザインしている書..
Weblog: 大人に負けるな!
Tracked: 2010-06-28 22:25
Powered by Seesaa