2010年09月03日

大地の果ての宝石

9月に入ったものの暑い日が続いています。
そこで、ちょっと涼しげな宝石ルースを一つご紹介しましょう。
パステル・カラーよりもひと色薄い色をシャーベット・カラーといいますが、丁度そんな色でするんるん
    
自宅PC 963.JPG
                    ガスぺアイト  21.10ct オーストラリア産    
ひんやり陶器みたいな質感で不透明な黄緑の宝石です。 モース硬度は4.5〜5。
 
最初の発見地、カナダ東端のガスぺという地名からの命名で、半島の名にもなっています。
さてこのガスぺという地名は、ネイティブ・アメリカンのアルゴンキン語で「大地の果て」という意味なんです。
地図を広げてみるとわかりますが、ホント北米大陸のはじっこでしたあせあせ(飛び散る汗)
 
あまり馴染みのないアルゴンキン語、北米大陸の地名に結構残っていました。
オタワ、シカゴ、ミシガン・・・。
確かに英語らしくない地名ですね〜手(チョキ)
 
posted by ジーロンド at 12:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう言われれば確かに純粋な英語の感じはしませんね。
Posted by jo-chan at 2010年09月03日 15:27
>jo-chanさん
ネイティブアメリカンは元はアジア人種のせいか少し親しみ感じます(笑)ミルウォーキー、イリノイ、マサチューセッツなどもそうみたいですよ。
Posted by 休肝日 at 2010年09月03日 19:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック