2010年11月08日

愚か者の金 〜超ミニ宝石博物館〜

先日の拙ブログ、店内の超ミニ宝石博物館のコレクションを紹介します。
タイトル通り、素人なら「金(きん)」と間違えかねないのが、この鉱物です。
  
2010_1007_151736-DSC03034.JPG
パイライト

  
形も見事に立方体ですが、研磨したのではなく、自然な結晶です。
この等軸晶系という結晶系は、ダイヤモンドスピネルガーネットなどと同じです。
 
ハンマーで叩くと火花を発する性質から、ギリシャ語 pyr=火 の意味から名付けられました。
 
瑠璃の和名で知られる宝石、ラピス・ラズリのインクルージョン、金粉の正体は、実はコレです。
 
外観が異なる変種も紹介しましょう。

自宅PC 427.JPG
       レインボー・パイライト 13.74ct ロシア、ヴォルガ産   
石の表面、光の干渉によって鮮やかな色が見て取れます。
これまた自然のなすマジックの様なものです。
産地は、ロシア最西部ベラルーシとの国境付近で、かの大河ヴォルガ川の語源の地(「湿った地」の意)です。


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 12:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 宝石原石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごい! こんな四角の石があるのですね!
ビックリです。
Posted by jo-chan at 2010年11月08日 23:09
>jo-chanさん
そうなんです。
全く自然にこんな形で産出します。
見えざる神の手なのかもしれませんね(笑)
Posted by G.RONDO at 2010年11月09日 07:45

パイライトにレインボーの出るタイプがあるなんて!メタリックな輝きを持つ鉱物で思いつくのは班銅鉱ですが、レインボーパイライトはキラキラした感じできれいですね!

一日早いですが、‘お誕生日おめでとうございます’

誕生日石の奥様の一言、パンチがありました(笑)
Posted by 音々 at 2010年11月09日 14:06
>音々さん
本当に地球って面白いですね。
ま、我々もその一部ですが(笑)

早々とありがとうございます。
誕生日石ケッサクでしょう?(^o^)/
Posted by G.RONDO at 2010年11月09日 16:23
お誕生日おめでとうございます。

初めまして、こんにちは。

四角い結晶になる宝石は、初めて知りました。ちょっと不自然な感じがしますね。

素敵な一年になりますように!
Posted by テイラー at 2010年11月10日 01:23
>テイラーさん
初メッセありがとうございます。
丁度、半世紀生きた事になりまふ(笑)

ダイヤモンドは稀に出る形ですが、ガーネット、スピネルにはこの六面体は出ないんです。

これからもどうぞヨロシク(^O^)/
Posted by G.RONDO at 2010年11月10日 08:01
すっごく好きなんですが、海のそばで暮らしていたら錆びます。
泣く泣くタッパーに保存…。

どうして多面体ってこんなに魅力的なんでしょうね?
G.RONDO様のミニ博物館、拝見したいものです。
Posted by 五十六 at 2010年11月13日 13:48
>五十六さん
パイライトは、置物にしても、1〜2年もすれば表面の艶が無くなってしまいますね。
タッパー保管が正解ですよ!

収蔵品まだまだあるので、見てて下さいね(^o^)/
Posted by G.RONDO at 2010年11月13日 19:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック