2011年02月04日

かやくごはんの老舗 大黒

くいだおれ大阪の名店をまたまた紹介しましょう。
かやくごはんの老舗 大黒さんです。  
2010_1124_125611-DSC03285.JPG
大阪市中央区道頓堀2−2−7
  

「かやく」という言葉、「加薬」と書くそうです。

以前紹介した出世地蔵尊の近くで 当店となんば駅の中間にあります。 
2010_1124_132256-DSC03288.JPG
 

明治35(西暦1902)年創業です❗ 百年越えてますっ‼   

具材の人参、牛蒡(大阪では「ごんぼ」)、蒟蒻、薄揚げ、椎茸などはご飯つぶより小さく刻まれています。 

注文を受けてから丁寧に炊き上げるので15分は待たなければなりません。

いらち(せっかちの意)の多いこの大阪という土地柄では貴重なお店。

いざ出来上がり。 赤だし味噌汁とひじきも付けました。  
2010_1124_131240-DSC03286.JPG
   

体に優しい薄味のかやくごはん。 
そのはんなりとした滋味は、逆に新鮮です。

色んな具材の食感が際だって、実に心地いい・・・愉快ですらあります🎵

普段はファストフードも食する私も「この味わいを旨いと感じなくなったらしまいやな。」としみじみ思いました。

アツアツコテコテの濃いキャラクターのイメージが強いこの大阪という土地。
一方で、こちらのかやくごはんてっちり(ふぐ鍋)などに代表される薄味、淡白な味の好みは全くどういうワケなんでしょうか?  
2010_1223_103726-DSC03498.JPG
2011_0204_153549-DSC03975.JPG
 

前から近所の出世地蔵尊の一番右の玉垣の寄進者名「木田太郎」が気になってました。
ここ大黒 先代のご主人でした(笑)

「Pleasure & Treasure」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]



大黒 定食・食堂 / 大阪難波駅なんば駅(大阪市営)JR難波駅

昼総合点★★★★ 4.0







posted by ジーロンド at 15:20| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
数日前に我が家も炊き込みご飯でした。
うちは鶏肉入れます(^^;)肉系を入れないと良い出汁が
出ないような気がして・・・
かやくはご家庭によって多種多様なので参考になります。
ちなみにうちは鶏肉の他に人参・蒟蒻・薄揚げ・ちくわです。
Posted by まっちゃん at 2011年02月05日 10:19
>まっちゃんさん
なんばに何軒かある椅子のある立ち食いうどん屋(笑)にもメニューにも「かやくごはん」があり安くて結構美味しいんです。
かしわ入りですが・・・。

炊き込みご飯、五目めし、かやくごはん・・・それぞれ何となく違う気がしますね(^o^)/
Posted by G.RONDO at 2011年02月05日 11:45
受注してから炊くというのは、初めてですね。うどん屋なんかでは普通はすでに出来ていて、「無くなったら売り切れやで」あとは「おいなりかおにぎりしかないで」とかそんなイメージですけどね。

木田太郎とは、確かに気になりますね。モーツァルトのほうも本名・木田太郎でしょうから♥
Posted by nao道 at 2011年02月06日 21:50
>nao道さん
待ち時間があるので親しい間柄の人と行く事をオススメします。

去年ググりました(笑)
本名は「木田太良」でしたわ(^O^)/
Posted by G.RONDO at 2011年02月07日 07:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック