2011年02月12日

極上のオパール♪ と思いきや・・・

見た目、素晴らしい遊色(オパーレッセンス)を示す極上のブラックオパールに見える事でしょう?
懐疑的なボクですから 直感的に「ハテ?」と違和感を感じます。
  
2011_0208_163052-DSC04003.JPG
  
確かに美しく見えますが、カラフルな色のそれぞれの境界線が明瞭過ぎるんです。
拡大すると鱗(うろこ)状の模様も見て取れました。
この特徴はリザード・スキン(トカゲの皮膚)と呼ばれ、実は合成オパールの傍証になるんです。
あくまでも傍証です。 極めて稀にある最上級の天然オパールにも存在するモノでもあるので。
また、この道化師のつぎはぎ服に似た様子をハーレクインとも呼び これまた極上天然オパールにも使用される用語です。
 
さて、このルースを真横から見てみましょう。
  
2011_0208_163129-DSC04005.JPG
  
おやexclamation&question 変ですね〜。
さらに真裏から見てみると・・・。
  
2011_0208_163103-DSC04004.JPG
  
そうexclamation いわゆる貼り合わせ石、イミテーションなんです。
一番上の層にガラス又は水晶、2層目にオパール様の色、3層目に黒い石・ガラスを接合しています。
 
海外で指輪なりペンダントなりのジュエリー製品に見せかけて売られてるようです。
その際は中石は爪留めにせず、レール状に周囲を覆って 接合部分が横から見えない様に隠します。
さらに当然、裏側も密閉して見えなくするんです。
過去幾人もの方から「これ値打ものかなあ? ○○で安く買ってきてんけど・・・。」と聞かれましたあせあせ(飛び散る汗)
 
トルコでは産出しないトルコ石、エジプトでは産出しないアレキサンドライト、中国では産出しない本翡翠(ジェダイト)・・・。
ホントにいいものは、やはり法外に安くは買えないようですね。
posted by ジーロンド at 15:42| Comment(4) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほほぉ 意外な答えですぅ

シンガポール?かタイ?で 普段使いに
小さなサファイアのトップを(こちらの半額くらいだった)
安いし「海外だぁ〜」の気の緩みで衝動買い
いざ 帰ってきたら 冴えなくて つけていません(笑)

そうそう「虹の街」名前がかわったころ
なんばウォークが言えなくて いつも
娘に訂正されていたのに なんばウォークが普通に
いえるようになったら 「虹の街」だったことを
忘れてしまっていたわ(うふっ)
覚えるのに時間がかかるのに 忘れるの早いわよ〜
ボケが始まってる?(ゾォ)
Posted by sapphire at 2011年02月12日 19:12
>sapphireさん
太陽光も場所によって違って見えたりするんですよね(笑)

ブログはボケ予防にも効果ありそう・・・お互い頑張って更新してまいりませう〜(^o^)/
Posted by G.RONDO at 2011年02月12日 19:43
ネットでオパールを購入した経験がありますが、タブレットに
トリプレット。色々あるので勉強してから購入しないと
思惑と違った物が届きますね。
上の写真の物は3層なのでトリプレットですか?

私はよくわからないままソリッドオパールと言うのを注文しました。
Posted by まっちゃん at 2011年02月13日 15:12
>まっちゃんさん
これはトリプレットですね。

ソリッドって事は貼り合わせじゃないって意味だと思います。
ジュエリーになってたら中石の裏は開いていて、見える状態かと思いますが・・・(^u^)
Posted by G.RONDO at 2011年02月13日 18:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック