2011年03月04日

スフェーンのジュエリー♪

くさび石は、宝石名スフェーンの和名です。
スフィーンと言う場合もあり、また主成分にチタンを含有するのでチタナイトと呼ぶ場合もあります。
ペンダントを紹介しましょう。
  
2011_0216_112600-DSC04060.JPG
3.29ct D.0.11ct
 
主な産地は、ブラジル、マダガスカルなどでしたが、近年アフガニスタンで美晶が産出します。
このジュエリーのもそうなんです。
モース硬度は5と、ややデリケートなので、プラチナ製ペンダントにしました。
 
この宝石の特徴は、写真で見て取れる様に分散度(虹色を発する)が高く、
ダイヤモンドの0.044を上回る 0.051を誇ります🎨
もう一つの特徴。 それは、もう少しアップで見てみるとよくわかります。
 
2011_0304_133243-DSC04228.JPG
 
宝石の裏側のカット面をバック・ファセットと言いますが、二重になってるのがおわかりかと思います。
複屈折量が最大0.192と非常に大きい値を持ってるんです。(クォーツやサファイア等は0.009ほど)
 
てっぺんの極上のダイヤモンドもピッカピカ✨
名脇役ぶりを発揮した品格あるジュエリーになりました🎵


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 14:06| Comment(2) | TrackBack(0) | スフェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スフェーンは多色性があっておもしろい石ですね。
ダイヤより分散率も屈折率も上なのが良いです。

スファレライトも好きです。
Posted by まっちゃん at 2011年03月05日 18:25
>まっちゃんさん
相矛盾する華やかさと渋さもありますね。

スファレライトはさらにもっとデリケートですう(^o^)/
Posted by G.RONDO at 2011年03月05日 19:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック