2011年03月27日

ショパンと宝石♪

梅田スカイビルで映画「ショパン 愛と悲しみの旋律」を見て来ました。
西洋時代物(?)が好きという事もありますが、音響のいい映画でショパンのピアノ曲が聴けるのもメリットと思ったもので・・・。
 
2011_0326_170007-DSC04357.JPG
  
ショパンの曲は「前奏曲」と「練習曲」を偏愛している私です。
それぞれ数種ずつCD(レコードからあせあせ(飛び散る汗))を愛聴してきました。
いくつかの曲は、もちろんこの映画で聴く事ができましたるんるん
 
有名なショパン・コンクールは5年に一度開催されます。
過去の優勝者に、マウリツィオ・ポリーニマルタ・アルゲリッチなど名ピアニストを輩出した権威あるコンクールです。
その大会の審査委員長を務めたのが、これまたショパン演奏の権威だったアルトゥール・ルービンシュタインです。
 
2011_0326_210150-DSC04371.JPG
(1887・1・28〜1982・12・20)
  
この人の名前、先日のバッハ=小川を倣うと、ルビー石ですぴかぴか(新しい)
宝石名の名前って憧れますね〜揺れるハート
しかも名字ですもの・・・。
 
折角なので、珍しい非加熱ルビーの集合写真も貼っておきましょう(笑)
ルビー.JPG
ショパンの音楽もこれらの宝石の輝きも、美しいものは捨てられる事なく、これからも大切に受け継がれていくのでしょうね。
posted by ジーロンド at 12:44| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりで〜す
『ショパン』此方も久しぶりに聴いた響きです、
むかしむかし、このあだ名で呼ばれていた先輩を思い出しました。
Posted by jo-chan at 2011年03月29日 08:16
>jo-chanさん
お久のコメント、サンクス!
何が由来でショパンになったのか?気になります(笑)

「雨だれ」や「子犬のワルツ」聴いたら先輩が浮かぶんですね、きっと(^O^)/
Posted by G.RONDO at 2011年03月29日 11:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック