2011年04月18日

もう一つの四月の誕生石

四月の誕生石といえば、多くの方がダイヤモンドと刷り込まれている事でしょう。
ホントはもう一つあるんです。
水晶ですぴかぴか(新しい)
  
2011_0418_105645-DSC04536.JPG
ロック・クリスタル 1.13ct USA、ニューヨーク州ハーキマー産
 
様々なカラーのある水晶ですが、無色のモノは宝石学ではこう呼びます。
永久に溶けない氷(ギリシャ語 krustallos)と考えられていた事が由来の宝石名です。
スワロフスキーなどの人工クリスタルと混同しない様に要注意です。
 
写真の石は、別名ハーキマーダイヤモンドと呼ばれる美しい結晶。
珍しい両錐形でテリの強いこの産地の水晶は、パワーストーン業界での人気も高く、特別視されてる様です。
あ、自由の女神のニューヨークとは違うので、これまた要注意あせあせ(飛び散る汗)
 
30mmの水晶玉も持ってるのでカミングアウトるんるん
 
2011_0418_110042-DSC04540.JPG
 
ピント、合ってるんだか合ってないんだか・・・exclamation&question(笑)
ついでに本物の水晶玉かガラス玉かを確認できる簡単なテストも紹介しておきましょう。
新聞の上に置いた時・・・。
 
2011_0418_113622-DSC04542.JPG
写真クリックで拡大します
  
字が二重にダブって見えるのがおわかりでしょうか?
複屈折鉱物 水晶ならこんな風に見えるんです。
ガラスは単屈折なので字が二重に見えません。
posted by ジーロンド at 12:13| Comment(4) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パワスト系では人気があるせいか、ハーキマーダイヤモンドを
よく見かけます。産地が名前の由来だったのですね。

それに水晶とガラス玉の違いは勉強になりました。
Posted by まっちゃん at 2011年04月19日 11:53
G.RONDOさんもスフィアをお持ちでしたか!

美しくカットされた宝石のルースは勿論美しいですが、
スフィアや原石もそれぞれに味があって好きです。
Posted by 音々    at 2011年04月19日 12:36
>まっちゃんさん
他の水晶と明らかに違う特徴を持つので、産地名で区別が自然ですね。
パライバ・トルマリンの如く・・・。

ちょっとしたお得ネタ、これからも織り込んでいきますね(^O^)/
Posted by G.RONDO at 2011年04月19日 19:37
>音々さん
はい、かれこれ20年になりますよ。
気に入ってます!

占いも勉強しようかしら・・・(笑)
Posted by G.RONDO at 2011年04月19日 19:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック