2011年07月09日

関東煮の老舗  〜日本橋 たこ梅本店〜

この名店の紹介も今頃になってしまいました。
昭和40年代まで、大阪ではおでんの事を関東煮(かんとだき)と呼んでいました。
その老舗 たこ梅の創業は、弘化元年、西暦1844年です。
 
2011_0619_203902-DSC04849.JPG
  
例の織田作之助「夫婦善哉」にも登場します。
当時の店は、今の向かい側の堺筋寄りだったそう。
戦後は、開高健池波正太郎ら文士も通われたお店です。
 
スタートメニューはいつも、厚揚げ&大根。
 
2011_0619_192846-DSC04839.JPG
 
2011_0619_193357-DSC04840.JPG
しゅうまい&ちくわ
 
お酒は錫の酒器。
特に熱燗の場合、冷めにくいんですって。
 
2011_0619_193449-DSC04841.JPG
 
バブル期前まで南船場にあった錫製品の老舗「錫半(すずはん)」製です。
 
2011_0619_193926-DSC04842.JPG
 
大阪おでんならではの食材 さえずり。
ヒゲくじらの舌ですが、粘りの強い肉質で、食べてる音が鳥のさえずりに似てるからとか・・・。
決して安いお店ではありませんが、この旨味のあるだし汁にはいつも納得です。
 
カウンター越しに軽妙なお話をしてくれるお兄さんの心遣いもウレシイもの。
合間に箸袋でこんな物まで・・・(笑)
 
CIMG0261.JPG
  
2011_0619_201819-DSC04845.JPG
 
また何度も足を運ぶのでしょうるんるん
 
P.S いよいよ明日は、大阪検定本番です!
悔いの無いように頑張ってきますっ(^O^)/
 
2011_0619_192647-DSC04838.JPG
大阪市中央区道頓堀1−1−8

たこ梅 本店おでん / 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅

夜総合点★★★★ 4.0


posted by ジーロンド at 19:56| Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
“さえず”はやはり食べたことも聞いたこともないです。
しゅうまいもおでんの食材としては食べたことないです〜。
大根は共通ですね♪

最後のお店の写真は、映画のセットのようです。
Posted by ナユ at 2011年07月09日 22:43
ここで「たこ梅」とは素晴らしいですね。
僕ら夫婦は新梅田食堂街の「A-1ベー○リー」で知り合いましたので、梅田の「たこ梅」はんのおっちゃんとかよく知ってるんですよ。特にマイ嫁はヨー知ってます。私は食べたこと無いです。
昔は道頓堀の店は営業してなかった時期もありましたよね。
そして、RONDOせんぱいも大阪検定あきらめてた時期もありましたし、なんか引っぱり出したような気もして…

受かってもソーでなくても、「たこ梅」さんでうちあげしましょうか?

今日は、E結果になりますように…がんばりましょう!
Posted by nao道 at 2011年07月10日 03:34
ずーっと行きたいと思っているお店です
ただ 下戸なので 入りつらいの

検定 がんばって下さいね
Posted by sapphire at 2011年07月10日 10:14
>ナユさん
おでん具材に鯨は、大阪ならではですね。

色んな意味で、味のあるお店ですよ(^O^)/
Posted by G.RONDO at 2011年07月10日 14:03
>nao道さん
今、店に帰り着きました。
相変わらず、ムズかったです(泣)

15年ほど前は、阪急沿線に勤務してたので、新梅田食堂街のたこ梅も何度も通いましたよ。

打上げ、是非やりましょう〜(^O^)/
Posted by G.RONDO at 2011年07月10日 14:07
>sapphireさん
店のお兄さんのトークも面白いんですよ。

下戸でも大丈夫ですよん(^O^)/
Posted by G.RONDO at 2011年07月10日 14:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック