2011年08月07日

薬師寺 玄奘三蔵院の大唐西域壁画

明治時代、フェノロサに「凍れる音楽」と讃えられた東塔で有名な奈良・薬師寺。
私がとりわけ好きなお寺の一つです。

その白鳳伽藍北側に、平成三年に落慶法要をした玄奘三蔵院伽藍があります。
ココには、初めて訪れる人ならきっと誰もが驚く大壁画があるんです。

2015_0221_215437-DSC07549.JPG
写真撮影厳禁なのでテレビより
 

2015_0221_215349-DSC07543.JPG


七場面十三壁面。高さは約2.2m、壁面幅約49mというスケールの大きな壁画。
仏典を求めて、唐からインドへ向かう玄奘が見たであろう光景を描いた、文字通りの大作です。

日本画家 平山郁夫画伯畢生の作。 
2011_0807_115231-DSC05163.JPG
 

実は、この大壁画には絵の具に宝石が使用されています。

真ん中「天山越え」のブルーは、ラピスラズリ
白い部分は長石、つまりムーンストーンの種です。

天井もラピスラズリだらけ、しかも金まで・・・ぴかぴか(新しい)

何でも具材だけでも1億円とかあせあせ(飛び散る汗)
この大壁画完成に、画伯は20年を費やしましたが、なんと全て自費 無報酬でした。
平成12年12月31日 20世紀最後の日に入魂開眼法要で最後の筆入れをし、完成させました。

画伯は、昨年の奈良遷都1300年祭直前の年末に惜しくも亡くなられました。
広島出身のこの画伯も、実は被爆者でした。
玄奘の苦労を偲びながら大壁画の筆を進めてたそうです。

この壁画を目の当たりにすると、人が持つ魂の高潔さに敬意を感じずにはいられません。

「ダイヤモンドを超える感動をあなたに」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
ラベル:薬師寺 平山郁夫
posted by ジーロンド at 12:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ラピス・ラズリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「凍れる音楽」ってフェノロサが言ったのですか? 誰が言ったのか考えもしませんでした〜

平山郁夫画伯は文化財保護運動もされてたんですね。

凄い人だったんだなあと今さらですが思います〜

Posted by pico at 2011年08月10日 22:33
>picoさん
一応そうとされていますが、著作にその記述はないんですって(^_^;)

平山画伯・・・遷都1300年祭式典には是非とも出席して頂きたかったです(涙)
Posted by G.RONDO at 2011年08月11日 08:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック