2011年09月01日

ジェイダイト  琅玕(ろうかん)

英語でjade(ジェード)は、ひすいの総称です。
ひすいという宝石も、ジェイダイト(硬玉)ネフライト(軟玉)があり、お互い似ていますサーチ(調べる)
一層価値あるのが、前者、 日本では本ひすいともいいますね。
またその中でも、緑色が鮮やかで透明度の高いジェイダイトを、特に琅玕(ろうかん)と言います。
 
2011_0830_152103-DSC05336.JPG
 
ジェイダイト(無処理) 1.581ct ミャンマー、カチン州産
 
本来は、「老坑(ろうかん)」と言いました。
ずっと昔に産出した上質なひすいが枯渇し、「新坑(新しい立て坑)」から産出したやや低品質のひすいとの対比で使われた用語です。
また「老」は、尊敬すべき対象に使用される字でもあります。(日本での「先生」は、中国では「老師」)
 
この宝石は、研磨の最終段階で、ワックスで磨きあげられますぴかぴか(新しい)
その際、通常ホンの少しだけワックスが石の中に残留するのが普通です。
写真のひすいは、その成分がほぼ純粋で、ワックスを弾いてしまう新正の琅玕
非常に貴重なものなんです。
 
ろうかん、こはく、めのう、さんご、るり、これらの宝石名を漢字で書くと全てが王偏です。
それぞれ、琅玕、琥珀、瑪瑙、珊瑚、瑠璃となります。
「玉(ぎょく)」が王権を象徴する物だった証ですね。
 
2010_1109_145011-DSC03200.JPG
 
これらも天然色ジェイダイトでするんるん
posted by ジーロンド at 12:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりにのぞきに来ました
コメントを頂いた お友達のマイミクさんのところに
休刊日さんがいらしたので・・・・

相変わらず パワフルな毎日のようで、
夏バテを感じない 文面から 
たくさんのファイトをいただきました

しっとりと秋になったら また、ゆっくり
ジュエリーを見つめる時間も、作らねばネっ・・・とも
思わせていただきましたわ〜

ヒスイいいですね〜 
・・・・・私も似合う年になりましたか????
Posted by コロン at 2011年09月03日 10:23
>コロンさん
夏バテ・・・した経験がありません!
夏こそ熱いラーメン等を食します。
胃が丈夫なんですかね?

秋からは装いの季節です。
ジュエリーも活躍の舞台が増えますね。
ひすい・・・実は非常に丈夫な宝石ですよ(^O^)/
Posted by G.RONDO at 2011年09月03日 12:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック