2011年09月07日

大名そば、そして大村益次郎

堺筋本町の舶来マートへ出向きました。
この辺りへ来たら、お昼は大概ココです。
大名そば大うまいレストラン

2011_0907_111551-DSC05347.JPG
 
食べログ記事貼っておきます(笑)
バッド(下向き矢印)
 
そして、食後の運動とばかりに、歩いて東に向かいます。
前から気になってた場所を目指して・・・。
 
昨年の年末頃だったか、歴代の大河ドラマ主題曲の演奏会をテレビで見ました。
それらの中で、最も印象に残っていたのがコレです。
 
 
昭和52年放送の「花神」、原作・司馬遼太郎、主演・中村梅之助でした。
他、米倉斉加年、志垣太郎、中村雅俊ら・・・。
林光作曲の6/8拍子の音楽も素晴らしかったるんるん
日本陸軍の父といわれる大村益次郎の話でした。
 
この人物の顕彰碑が谷町四丁目の大阪医療センターの南にあるのです。
 
2011_0907_121418-DSC05361.JPG
 
2011_0907_121034-DSC05351.JPG
 
2011_0907_121210-DSC05356.JPG   2011_0907_121114-DSC05352.JPG
  
2011_0907_121230-DSC05357.JPG   2011_0907_121248-DSC05359.JPG
 
賛助者(一部)もそうそうたる顔ぶれです
 
長州の人ですが、大坂に浅からぬ縁がありました。
若い頃は、緒方洪庵の適塾に学び塾頭を勤めます。
明治維新の際は、大久保利通らとともに、大坂遷都を推していました。
その急進的な手法を嫌った元長州藩士らに京都・木屋町で襲われて瀕死の重傷を負います。
そして最後は、大坂に運ばれて浪華仮病院で亡くなります。
 
2011_0907_122812-DSC05366.JPG   2011_0907_122852-DSC05367.JPG
 
上本町4丁目大福寺、浪華仮病院跡
 
実は、「篤姫」の小松帯刀もココで亡くなっています。
(この二人揺れるハート実際には会った事すらないとか・・・たらーっ(汗)
 
「花神」は中国で花咲か爺さんの事だそうです。
20年前のバブル崩壊以来、経済は停滞し、最近は急激な円高で日本全体が沈滞ムード。
ホントにホントに小さなお店ですが、 我こそは平成の花神たらんexclamation×2と決意を新たにした次第です。
posted by ジーロンド at 16:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここは行ったことないです〜

勉強になりました〜  ありがとうございます♪〜
Posted by pico at 2011年09月08日 22:18
>picoさん
天保山登山証明もお持ちで大阪中を歩きつくした感のある貴女がご存知なかったんですね!
ちょっと優越感かも・・・(笑)

大うまいも是非頂いて下さいね(*^^)v
Posted by G.RONDO at 2011年09月09日 07:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック