2011年09月29日

FGAって・・・?

「FGAって、どんな資格なんですか?」

しばしばお客様から、そう質問されます。
ちょっと説明しておきましょう。

1908年 英国宝石学協会が、英国ゴールドスミス協会の教育機関として設立されました。
世界で最も歴史が古い宝石学機関です。
5年後の1913年、Fellow of the Gemmologicai Assosiation of Great Britain(英宝協特別会員)の制度が設けられます。
その略称が、FGAです。

一年目のプレリミナリー、二年目のディプロマ、それぞれの理論と実技の試験をクリアせねばなりません。">特にディプロマは超難関です

そもそもこの英宝協自体が、凄い宝石学者達で構成されていました。

2011_0928_083310-DSC05416.JPG
ロバート・ウェブスター著「GEMS」昭和55年版 25,000円
当店の店名のGはコレ♪
 

宝石学のバイブルとも言われる、「Gems」(1862年)の著者、ロバート・ウェブスター。

宝石鑑別のバイブル 「Gem Testing」(1942年)の著者、バージル・W・アンダーソン。

希少宝石 ペイナイトの発見者、A.C.D.ペイン。
 

そして、おもだったFGA取得者に、ターフェアイトの発見者、ターフェ伯爵。

のちに、アメリカのGIAを設立した、ロバート・M・シプリー。

宝石インクルージョン研究の権威、エドワード・グべリン博士。

わが国の宝石学教育に尽くした故近山晶氏。

グべリン博士の愛弟子、日独宝石鑑別所 前所長、故古屋正司氏もそうです。  

でもアメリカのGIAに比べて、一般の認知度が低いFGA
日本人の取得者が、まだ250人ほどと少ない、という事情もあるのかもしれませんね。 
🎵  🎵  🎵  🎵   🎵   
   

1991年6月、私はその最終ディプロマの理論を受験しました。

合否発表は、9月にエアメールで本人宛に届く予定でした。

そんな頃ちょうど、妻のお腹には子供が授かっていたんです。

その年の最終試験でパスしないと、狭いマンションで子育てをしながらもう一年の勉強は無理!!と決めていました。

ついに、ロンドンからのエアメールが届きました✈
私には、開封する勇気がなかったので、ワイフに任せたんです。

すると・・・「You passedって書いてある❗」
ホンマか〜‼

夫婦二人してお腹の子をかばいながら抱き合って、嬉し涙にくれたのでした💧

エアメールには、英宝協からロンドンでのFGA認定書授与式典の招待状も同封されてたのですが、その話はまた改めて・・・。 
2011_0928_090212-DSC05419.JPG
私のFGA認定書ですっ



「ダイヤモンドを超える感動をあなたに」

ジュエリー ジーロンド
地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 21:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久々の訪問になっちゃいました^^;
ロンドンから来たサンタさんですね。
Posted by joーchan at 2011年10月01日 06:16
>jo-chanさん
いらっしゃいませ〜(^O^)/

もう20年も前の事なんですが、生々しい記憶です、二人とも。
お腹の中で聞いてたはずの長男の親離れが淋しいかも(^_^;)
Posted by G.RONDO at 2011年10月01日 19:39
難しい言葉いっぱいで・・お腹の子供の所だけ反応してしまい・・
子供出来た!!とビックリ!ちゃんと最初から読んだら違っていた^m^;
いつもながら早とちりでした・・m(__)m
Posted by たま at 2011年10月02日 18:05
>たまさん
恐縮です。

一応、先に下書きしてアップしましたし(^_^;)
Posted by G.RONDO at 2011年10月03日 13:30
先日は忙しい中
暇つぶしに付き合っていただきありがとうございました。

やはり! すごいお方だったのですね〜っ
・・・超難関ですって??
まず、英語が出来なくては始まりませんね
海外での生活はなさったのですか??

学の高さをこれっぽちも感じさせない
気楽なトークには関西人の誇りを感じます・・・・へへっ
Posted by akiko at 2011年10月07日 09:35
>akikoさん
プレリミナリーは英語でしたが、ディプロマは旧全宝協通じて日本語で受験しました。
専門用語さえ覚えてれば結構大丈夫っす(^_^;)

大阪下町育ちなので、気さくさも売りです(笑)
中学同級生には、吉本新喜劇の座長も居ます(*^^)v
Posted by G.RONDO at 2011年10月08日 14:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa