2011年10月09日

石ふしぎ大発見展へ行ってきました♪

今朝は、京都 みやこめっせで開催されている石ふしぎ大発見展へ行ってきました。
講演会「ベトナムのスタールビーとコバルトスピネル」を、是非とも聴講したかったんです。
講演者 古屋正貴氏とは旧知の間柄ですカメラ
 
2011_1009_113257-DSC05486.JPG
 
日独宝石研究所所長を、4年前の父君の急逝から、立派に引き継がれています。
E.G.(ヨーロッパ宝石学会)、DGemG(ドイツ宝石学会)、G.G.(アメリカ宝石学)の各資格をお持ちです。
その上何と、経営学修士 MBAまで所持されてる稀な才人です。
それでいて人柄は温厚で謙虚。 実に魅力的な方です。
 
さて、講演が始まりました。
 
2011_1009_103251-DSC05478.JPG
 
ベトナムのルビーは、産状が3パターンあるそうです。
ミャンマーと同じ、大理石起源の北部Luc Yen(ルクエン)。
モンタナ、インドと同じ片麻岩起源のTan Huong(タンファン)Truc Lau(チャクラウ)。
タイ、オーストラリアと同じ玄武岩起源のDak Ton(ダクトン)。
テレビ放映の市川海老蔵&小林麻央結婚披露宴のルビーは、Truc Lauの物だそうです。
 
2011_1009_104347-DSC05479.JPG
 
氏の説明は、理路整然かつわかりやすく、それでいて詳細でした。
 
微量のコバルトを含むブルースピネルも、それまで見た事のないカラーです。
 
2011_1009_110400-DSC05481.JPG
 
また、この周辺は、四つ葉のクローバーが普通なんだとかあせあせ(飛び散る汗)
 
2011_1009_105709-DSC05480.JPG
 
楽しくも刺激的な内容の講演終了後は、サンプル石も見せて頂きました。
以前、某宝石鑑別機関のセミナーを受けた事がありましたが、有料の上 サンプルの写真撮影は拒否されましたバッド(下向き矢印)
なんて太っ腹なのでしょう。
「ブログで使わせてもらってもいいですか?」
私が、そう古屋氏に尋ねると、「どうぞ、どうぞ、宜しくお願いします〜。」
その穏やかな口ぶりに、急逝された父君を思い出してしまいました。
 
こんな機会を与えて下さった古屋氏、並びに石ふしぎ展大発見展実行委員会に心より感謝申し上げたいと思います。
posted by ジーロンド at 19:57| Comment(4) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

あーー鑑別書で見る顔が新城さんの隣に

最近私のお気に入りの鑑別機関は、日独さんです
古屋さんって雲の上のかたっとおもっいぇたら、新城さんのお隣に

想でした新城さんは、FGAお持ちのすごい方でした
Posted by kiku at 2011年10月09日 21:17
何処かで見たお顔が!!と思いお声を掛けさせていただきました。
今後ともよろしくお願いします。

古屋氏の講演はとても為になりました。
石を見るのがまた楽しくなりそうです。
Posted by kanaMe at 2011年10月10日 11:00
>kikuさん
宝石にかける情熱も、前所長から引き継いでおられます。

いえいえ、私など足元にも及びませんって(^_^;)
Posted by G.RONDO at 2011年10月10日 15:16
>KanaMeさん
よくぞ、お声をかけて下さいました(笑)

ワイフと友人に店番させてたので、早く帰らねばなりませんでした。
また歓談できれば、と思います(^o^)/
Posted by G.RONDO at 2011年10月10日 15:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック