2011年12月29日

パパラチャ・サファイアの色について

「幸福論」を受けてって訳ではないですが、今日は当店でも人気のパパラチャ・サファイアを紹介しましょう。
ご存じの方も多いと思いますが、仏教を象徴する「蓮の花」という意味の別格のサファイアですぴかぴか(新しい)
 
2011_1229_150358-DSC06260.JPG
 
パパラチャ・サファイア 0.398ct スリランカ産
 
ピンク&オレンジのサファイアですが、どちらかに寄る過ぎると、その名称は使用できません。
実は、この宝石に関して長年不思議に思っていた事がありました。
ルビー・サファイア研磨地 タイの宝石鑑別機関の認めるパパラチャ・カラーは、赤みが強過ぎるのが気になっていたんです。
  
7年前、初めてタイへ訪れた際、その謎が氷解しました飛行機
現地の蓮の花の色が、日本のものより相当赤かったんですexclamation
 
*  *  *
 
では、この色の原因は一体何から来るのか?
成分分析を施した鑑別書を見てみると・・・。
 
2011_1229_150742-DSC06261.JPG
 
そう、Cr(クロム)とFe(鉄)なんです。
それぞれ、ルビーの、そしてブルー・サファイアの色の原因である事は紹介しました。
この2種の着色原因となる元素(遷移元素という)の綱引きの加減で、発色する色が決まるワケですアート
 
絶妙のバランスで均衡を保って存在するのが、パパラチャ・サファイアといえそうです。


「ダイヤモンドを超える感動をあなたに」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
ラベル:パパラチャ
posted by ジーロンド at 15:40| Comment(8) | TrackBack(0) | パパラチャ・サファイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど……。夕焼けの色と言われると納得できるけど、蓮の花の色と言われると、ちょっと違う気がしていたのは、そういう訳だったのですね(^o^)
Posted by ゆいママ at 2011年12月29日 23:43
>ゆいママさん
タイの蓮の花はホンマにめっちゃ赤いです。
写真出てきたらアップしますね。

蛇足ですが、「ハス」は花が散ったあと、蜂の巣に似てることから「ハチス」が語源なんですよ(*^^)v
Posted by ジー・ロンド at 2011年12月30日 09:15
心理学の教室でお世話になっています。

奈良の有名寺院の前に住んでいて毎年ハスの見ごろには
眺めに行っています。
白にピンク、少し濃いめのピンクと咲いていますが
こんなに赤みがかった花にお目にかかった事はありません。
タイの寺院のハスの花も素敵でしょうね。
お写真のアップを楽しみに待ちます。

あっっ肝心の‘宝石’は宝くじが当たってからのお楽しみということで♪
Posted by プーキ―のママ at 2011年12月30日 15:59
>プーキーのママさん
こんばんは。初コメントありがとうございます!

わかりました。
写真探してみますね(笑)

その逆で、宝石買って運を引き寄せれば、宝くじ当たるかも〜(^o^)/
Posted by ジー・ロンド at 2011年12月30日 20:35
パパラチヤの発色についてご説明有難うございます

ベりルなどでも遷移元素鉄の価数でブルーや黄色が出たと思いますがパパラチヤの発色の原因になるのは何価鉄ですか?

以前どこかの業者さんからパパラヤの発色は、クロムも分布にムラがあるためにおこるというようなことを聞きましたがそんなこともあるんでしょうか・

以前購入しようとしたパパラが成分がパパラの範囲でなかったと聞いたのでよかったらクロムと鉄の含有量の幅を教えてください

パパラチヤは綺麗な石ですがなかなか難しいですね
私は、目で見てパパラチヤがよくわかりません(-_-;)
Posted by kiku at 2011年12月31日 11:01
>kikuさん
2価鉄じゃなかったっけ(^_^;)

クロム&鉄の成分比・・・特に規定はないと思うんですが。

あまり細かい所を気にし過ぎなくてもいいような・・・。
「木を見て森を見ず」なんて事にならないようにね。
Posted by ジー・ロンド at 2011年12月31日 12:40
ジーロンドさん

見て綺麗っていうのが何よりですが、
どうしてかな?と思っちゃいます。雑学好きなんで(-_-;)

昔ピンクサファイヤのクロムが増えて色が濃くなったらルビーになるのに
どうしてモルガナイトはマンガンが増えてもレッドベリルにならないのかな?とおもってました。
なんか理由がわかると楽しくなるのは、変かしら
Posted by kiku at 2011年12月31日 15:32
>kikuさん
レッドベリルは、産地(成因)も成分も他のベリルと隔絶してますからね。
全く特別な希少宝石ですものね(^_^;)
Posted by ジー・ロンド at 2012年01月02日 07:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック