2012年01月08日

美しいパープル・サファイア♪

Fe(鉄)とCr(クロム)のバランスが、パパラチャ・サファイアの色を決定する、という記事を年末に載せました。
今回紹介する宝石ルースも、その2種のバランスに因る色です。
 
2011_1229_140248-DSC06255.JPG
 
パープル・サファイア 1.37ct スリランカ産
 
バイオレットは、ブルー寄り。パープルは、レッド寄りです。
さらに、V(バナジウム)を含むと、カラーチェンジ・サファイアになります。
 
2011_0426_114018-DSC04587.JPG
 
カラーチェンジ・サファイア 1.767ct スリランカ産
 
紫という色、諸外国では、青と赤の混色 2次的な色と認識されていました。
ところが、日本では古代から既に、ある植物染料から、この色を染める技術を発見していました。
それが多年草 紫草。その根に含まれるシコニンという色素。
花は白いのですが、群がって咲く・・・叢咲き、から「むらさき」という色名になったとか。
古代紫、京紫、江戸紫、藤紫、若紫・・・様々な紫があるこの国。
繊細な色彩感覚を持ち 受け継いできた、我々の祖先に敬意を表したい気がします。
posted by ジーロンド at 13:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
両方ともとっても綺麗ですね〜♪
Posted by ゆいママ at 2012年01月09日 00:18
>ゆいママさん
ありがとうございます<m(__)m>

どちらも、この愛すべき大地からの贈り物ですう(^O^)/
Posted by ジー・ロンド at 2012年01月09日 07:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック