2018年02月23日

ターフェアイトとマスグラバイト

アイルランドのリチャード・ターフェ伯爵(1898〜1967)が、1945年11月に発見したターフェアイト。

1970年代 世界中で確認されてたのは、たったの4ピースのみ!
「世界一珍しい宝石」としてギネスブックも認定。
一名「ギネス・ストーン」とも呼ばれました。

2012_0127_105704-DSC06546.JPG
 
ターフェアイト  スリランカ産
 

コレクター垂涎の希少宝石
ゲットすると、ワンステージ上がった気がします。
私自身も このルースを入手した時の感動は、未だに忘れる事ができません💦


1967年(奇しくもターフェ伯爵の没年)ターフェアイトそっくりの新種が発見されました。
オーストラリア マスグレイブ山脈で産出したマスグラバイトです。

2012_0127_105617-DSC06545.JPG
 
マスグラバイト スリランカ産
 

ターフェアイトの組成が、BeMg3Al8O16。
それに対し、マスグラバイトは、BeMg3Al6O12と酷似。

「俺のターフェアイトは、その新種かも?」と浮足立ったコレクター。
鑑別に出したら、全てターフェアイトのまんま戻された!・・・なんて話もあります(笑)

「宝石の島」スリランカ産のターフェアイトとマスグラバイト


その出現率は、ターフェアイト数十個にやっと一個の割合と言われています。

「Pleasure & Treasure」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

 
posted by ジーロンド at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ターフェアイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック