2012年02月02日

ブラジル産のアレキサンドライト

既にその鉱山が枯渇してしまったブラジルのアレキサンドライトは、変色性の素晴らしさで定評がありました。
クリソベリルの変種ですから、モース硬度も8.5と、ダイヤモンドルビー・サファイアに準じた硬度を持っています。
この宝石や、キャッツアイ、パロットやバナジウムなど、変種の方に脚光が当たりがち・・・(^_^;)
 
2012_0202_115955-DSC06619.JPG   2012_0202_120226-DSC06620.JPG
 
アレキサンドライト 0.39ct ブラジル産
 
一体、何故 変色するのでしょう?
その原因は、不純物として含まれるCr(クロム)の仕業なんです。
Crは、その特徴として、光のスペクトルの一部の黄色を吸収してしまうんです。
という事は、赤、橙・・・緑、青、藍、紫が残存して、我々の目に見える事になります。
それで、赤っぽい照明には赤く反応し、青っぽい照明には、青緑に反応する訳です。
ルビーの赤、エメラルドの緑も、このCrの仕業。
不純物のないクリソベリルは・・・多くの宝石と同様 無色ですたらーっ(汗)
 

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック