2012年02月12日

レッド ベリルとフォスフォフィライト

南北アメリカ大陸を代表する希少宝石をご紹介します。

まずは、南アメリカ代表 フォスフォフィライト。 
2012_0212_102220-DSC06728.JPG
 
フォスフォフィライト ボリビア ポトシ産
 

世界で最も標高が高いとされる都市、ボリビアのポトシは、かつて世界最大の銀山がありました。
それが要因で人口が急増し、栄えた町。

世界で唯一、ココでこの希少石の美結晶は産出していました。
が、既に約50年前に閉山になっています。

次は、北アメリカを代表してレッド ベリルをご紹介。 
2012_0212_102412-DSC06730.JPG
 
レッド・ベリル 0.23ct USA,ユタ州産
 

その名の通り、まっ赤なベリルで、エメラルドの変種です。

これまた、美結晶が産出したのは世界中でココのみ。
ここも約10年前に既に閉山しました。どちらも新産の原石の流通は望めませんね。

鉱物と動物で、ちょっとワケが違いますが、絶滅した巨鳥 モアや、モーリシャスで絶滅したドードなんかを思い出してしまう私です。

あ、昔撮った大英博物館のドードの展示写真も貼っておきましょう。 
2011_1021_135951-DSC05587.JPG
 

「Pleasure & Treasure」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フォスフォフィライト綺麗ですね。ブルー、グリーンが好きな私には垂涎のレアストーンの一つ☆
いかんせんお高いんですよね(-_-;)
おまけにもろいし、硬度もない。絶対にジュエリーには、おすすめしないと言われ現在諦め中(;一_一)

しかし私ロードクロサイトの大きいのペンダントでつけてるよな
フォスフォフィ単もいけないかしら❤
Posted by kiku at 2012年02月12日 18:25
>kikuさん
フォスフォフィライトは、ロードクロサイトよりさらに脆弱です。

ルースの状態のまま鑑賞用に持つことをおススメいたします(^_^;)
Posted by ジー・ロンド at 2012年02月13日 09:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック