2012年03月26日

美しい無処理ブルー・サファイア

ルビーやサファイアは、余分な色味を除去して鮮やかな色を引きだす目的で、通常 加熱処理が施されます。

その色の要因は、あくまでも原石本来が持ってたものなので、天然石として扱われます。

そんな中、加熱処理をしていない石は、相当レアと申しても過言ではありません。


NNブルーサファイア 1.179ct.JPG

              
無処理ブルー・サファイア 1.179ct スリランカ産


このルースは、実に美しい上に加熱処理を施していないものなんです。

いわば、生まれたまんまのすっぴん美人

宝石鑑別機関でその厳しいチェックはなされます。


カラー宝石の色は、黒っぽい色は敬遠されます。

どれだけ純な色に近いかが問われます。

柔らかい温かみのあるブルーは、コーンフラワーと形容されます。
カシミール産のブルー・サファイアが有名です。
しばしば、矢車草と呼ばれますが、実は 矢車菊の色のことです。


それにしても・・・ここまで美しいブルー・サファイアは本当に珍しいぴかぴか(新しい)

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp

posted by ジーロンド at 14:16| Comment(2) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、お店で『ヤグルマ〜』のお話を聞いて気になったので私も家に帰ってから調べてみました。

元々矢車菊(コーンフラワーまたはセントーレ)はヨーロッパの植物で、日本に入って来た際に矢車に似てる事から『矢車草』と呼ばれるようになったそうなのですが……しかしここで実はマイナーながら日本には元来『矢車草』と言う植物が存在していました。

で、どっちがどっちか分からなくなるのでキク科だった矢車さんの方を『矢車菊』と呼ぶようになったそうですね。

私の場合は小さい頃に図鑑で見た『ヤグルマソウ』の名前が何だか『かざぐるま』みたいで格好良いなぁ!のレベルで憶えていて、何年か後に園芸の種か何かで『ヤグルマギク』の写真と名前を見て…ん?菊?草じゃなかったかな?それ以前にこんな見た目だったかな???と謎に包まれたままアヤフヤになり、先日に到っておりました。

名前の謎(2つあるけどどっちが正しいのか)もとけて、すっきりしました!

難波方面に行った際には、またお店に遊びに行きますね〜
Posted by T姉 at 2012年03月27日 16:40
>T姉さん
先日のご来店&コメントありがとうございます。

豆知識のつもりでお話させて頂いたのに、克明に調べて下さって、こちらこそ感謝です<m(__)m>

こ〜ゆ〜の追求するのって、楽しいもんですね。
また、是非いらして下さいね〜(^o^)/
Posted by ジー・ロンド at 2012年03月27日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック