2012年04月18日

石上神宮の神鶏

うららかな というより初夏を思わせる気候の今日、奈良の山の辺の道 石上神宮へ行ってきました。
3年ぶりです。
ここのニワトリは、本当に美しい。

2012_0418_151836-DSC07315.JPG
 
2012_0418_151920-DSC07317.JPG


帰ってインターネットで調べてみると、東天紅のようです。
離し飼いですが、神の使いという事で大切に扱われています。
人を恐れる様子は皆無💧  

一般に、ニワトリは家禽として人に飼いならされたので、羽ばたいて飛ぶことは出来ません。
ところがココ 石上神宮のニワトリは、木の上で休みます。

2012_0418_135339-DSC07313.JPG


野生の頃の記憶がDNAに残ってるんだそうです。

山の辺の道をちょっと南に歩くと、かつての永久寺というお寺の跡があります。
明治時代の廃仏毀釈で、廃寺となったそうです。
江戸時代には、若き日の松尾芭蕉も訪れ、句碑も建てられていました。

    「うち山や とざましらずの 花さかり」

自宅PC 580.JPG
この写真は3年前に撮ったもの・・・


お堂があった場所の池一面には、散ったサクラの花弁が敷き詰められていました。
2012_0418_145004-DSC07314.JPG
幼い子供だったら知らずに歩いてはまりそうです💦

石上神宮へ引き返して、帰阪しました。

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック