2012年05月22日

素晴らしい輝き スファレライト

ダイヤモンドには、虹色を発するファイアという特徴があります。
日本語でその数値を分散度といい、ダイヤモンドのそれは、0.044という値。
ブルーの希少宝石 ベニトアイトも全く同じ数値です。

”ダイヤモンドのような”デマントイド・ガーネットは、それを上回る0.057。
さらにそれらを圧して高い数値 0.156を誇るのが、このスファレライトです。
ただし、自らの色が強いと、虹色は目立たないです(汗) 
2012_0522_184234-DSC07698.JPG
スファレライト 2.29ct ブルガリア産

組成は、ZnS  硫化亜鉛で、和名も閃亜鉛鉱といい Zn(亜鉛)の原料になる鉱石。
共に産出する方鉛鉱と混同されるので、「あてにならない」という意味のギリシャ語spalerosが名の由来。

鮮やかな色彩の希少宝石で、当店にもファンがいらっしゃいますが、ジュエリー製品にしないようにお願いしています。
なぜなら、モース硬度3.5と、非常にデリケート。
あのフォスフォフィライトと双璧ですあせあせ(飛び散る汗)
カットした職人の技をずっと感じたいコレクターの方にはおススメの希少宝石ですぴかぴか(新しい)
posted by ジーロンド at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック