2012年07月07日

茶色のような緑のような・・・

茶色という色は、室町時代から行われていた”茶染め”の色が由来だそうです。
緑茶になじみ深い日本人が思い描く「茶」の色とは異なりますね。

今日は、茶色のような緑のような宝石を紹介します。
2012_0604_180347-DSC07858.JPG
 
スフェーン 5.78ct  ブラジル産


読み方の違いで”スフィーン”の呼称もあります。
組成は、CaTiSiO5。 
チタンを含むことから”チタナイト”の別名もあります。

写真にも写っていますが、裏側のカットのファセットエッジが二重です。
複屈折量0.120は、ジルコンの0.059やベニトアイトの0.047を凌駕しています。

また、虹色を発するいわゆる分散度(ファイア)も0.051と非常に高い。
(ジルコン 0.038、ベニトアイト、ダイヤモンド 0044)

深みのある地味な色合いですが、通好みの希少宝石
モース硬度は5なので、特にペンダントにおススメします🎵



地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | スフェーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんて素敵な色合い!
私は
どう身につけて良いか分からないので、
しばらく観賞用になりそう。
Posted by マコレ at 2018年02月17日 17:38
>マコレさん
コメントありがとうございます!

渋い色合いがいいですよね。
ブログに書いたように、ペンダントがおススメです。

Eメールでデザインのご提案もいたしますよ(^u^)
Posted by ジーロンド 新城 at 2018年02月17日 18:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック