2017年12月11日

たいへんレアな宝石 サファーリン

9月の誕生石 サファイアの綴りは、sapphire。
よく似た sapphirineという珍しい宝石があるのです。

もう10年も前、甲府の日独宝石研究所 初代所長 故・古屋正司さんから直接伺った話です。

同研究所設立の記念講演を、古屋所長の師である有名な宝石学者エドワード・ギュべリン博士にお願いしたそうです

同時通訳はもちろん ドイツ語がご堪能だった古屋所長。
ギュべリン博士の講演が始まり、会場は白熱してたそうです。

講演途中で、博士が「・・・sapphirine・・・」と言ったのを、古屋所長が「サファイア」と訳しました。
すると、博士に「サファイアじゃないよ。サファーリンだよ。」と訂正されてあわてたそうです。
そう、さすがの古屋所長にとっても、まさかまさかな希少宝石だったってワケ。

 
2012_0713_104426-DSC08219.JPG


ディープな紺色にグリーンが混じった色。

成分は、(Mg,Al)8(Al,Si)6O20。
マグネシウムとアルミニウムのケイ酸塩鉱物。
意外にも、パイロープ・ガーネットにそっくり。

流通量があまりに少ない事もあって、サファリン、サフィリン、サフィーリンなど表記されることも。

1ctアップのルースはほとんど見かけません。
モース硬度は、7.5となかなかです。

当店に常備している「世界のレアストーン図鑑」(亀山実著・柏書店松原刊)だけに、サファーリンの記述があります。 

2010_0208_124455-DSC01554.JPG
(この本に掲載されてるルースを、3点コレクションしてます♪)


ともかく珍しい宝石には違いありません。
ご興味のある方は、掲載したホームページもご覧下さいませ


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック