2012年07月30日

淀君の墓と落語「鷺とり」

先日、久しぶりに梅田に出たので、太融寺にある淀君の墓へ行ってみました。
2012_0718_150724-DSC08296.JPG
平安時代の歌人 源融(みなもとのとおる)ゆかりのお寺なんです。

そう言えば、ちょっと西には円頓寺(えんどうじ)というお寺もあります。
江戸時代には「萩の円頓寺」と称された名所だったそう。
2012_0718_150518-DSC08295.JPG

そして何よりも上方落語で有名な「鷺とり」の舞台でもあります。

”鳥獲り”の男が、このお寺にあった大きな池に夜 忍び込んで、獲った鷺たちを腰一杯に巻き付けます。
翌朝、目覚めた鷺たち 一斉に男もろとも飛び立ち、はるばる四天王寺まで。
五重塔の高〜い屋根にたった一人取り残される男・・・あせあせ(飛び散る汗)

昔、実演を見たことがある桂枝雀さんの熱演をYouTubeで見つけたので貼りつけておきましょう。 


いかが? ”笑い”で暑気払いできましたか?るんるん
posted by ジーロンド at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック