2012年10月11日

「小惑星からやってきた石 −はやぶさサンプルを分析する」

京都 石ふしぎ大発見展の講演「小惑星からやってきた石 −はやぶさサンプルを分析する」を聴いてきました。
拙ブログにも何度か出ていただいてる𡈽山明先生の講演。
私がFGAを目指していた20年前、鉱物学の立場から教えを乞うていた先生です。

2012_1007_104151-DSC08919.JPG


講演が始まる10分前に会場に到着しましたが、めっちゃ盛況です。
どうせなら!と、空いてた最前列 PCで準備をしていた先生のまん前へ陣取りました(笑)
じきに先生も気付いて下さって、「めっちゃ早起きしたんちゃうん?」
いえいえ先生の楽しい講演を聴くためなら、なんてことありません🎵

さて、はやぶさが持って帰ったサンプルのサイズは、大きい物で 7〜80μm(ミクロン)。
成人女性の髪の毛の太さほど。
そんな小さな物から、色んな情報を読みとるのが先生方の仕事です。

また小惑星イトカワの大きさも、わかりやすい画像で示してくれました。
2012_1007_105632-DSC08926.JPG
    
2012_1007_110115-DSC08931.JPG

テレビニュースでも見た感動的なはやぶさ帰還の映像。
現地オーストラリアで見ていた先生はじめスタッフは、日本でこれほど話題になってるとは思ってなかったそう。

貴重なサンプルは様々な分野から分析されます。
2012_1007_103046-DSC08916.JPG

サンプルを持って日本国内を移動する際は、手荷物として必ず研究者自身が二人一組で行動するそうです。

サンプルは窒素を充填した容器に入れて移動します。
空気中の酸素に触れて酸化するとイケないから。
従って、飛行機での移動はダメ!!
だって「手荷物開けて下さい。」って言われたらおしまい。

移動中の新幹線での心境は落語「千両みかん」の番頭のようだともおっしゃって会場はウケてました(笑) 
2012_1007_111839-DSC08943.JPG

白熱した講演は予定時間をオーバー!

余韻に浸りながら京阪電車で帰阪します🚃

あ!会場で撮影した写真をブログに使用してもいいか確認を取るのを忘れていました。
𡈽山先生の奥方(FGA同期)にメールすると、ややあって返信がきました。 
2012_1009_131140-DSC08975.JPG


実に充実した楽しい講演会でした。
「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296789771

この記事へのトラックバック