2013年02月28日

創業以来300年を超える堺の老舗そば店 〜ちく満〜

2月28日(旧暦)は、大茶人 千利休が切腹した日です。

堺の宿院には、屋敷跡が残されています。
2013_0227_162419-DSC00324.JPG


そのすぐ南に、元禄8(1695)年創業の老舗そば店 ちく満は、あります。

2013_0227_161103-DSC00318.JPG

ワイフの実家がほど近い所なので、過去にも夫婦で数回訪れています。

「『小さい時分に、ひ爺さんに連れられて来た覚えがある』とおっしゃってたお客さまが、ひ孫さんを連れていらしてくれました(笑)」

お店の方に、そんな味のある言い回しで、老舗ぶりを教えてもらたっけ。

食事メニューはたったの1種、熱いもりそばの1斤か1斤半だけ。

自信のほどが伺えます。(因みにホームページもありません)

1斤半を注文しました。
2013_0227_161323-DSC00321.JPG

意外に短い調理時間。

湯気のたつ蒸した柔らかい麺が最大の特徴です。
2013_0227_161405-DSC00322.JPG

若い頃は正直、頼りなく感じた覚えがあります。

それが、外の寒さも手伝ってか、今回は非常に美味しく感じました。

卵一個を熱いそばつゆに入れて溶きます。

卵がなくば、きっともっと辛いのでしょうね。

「カマクラ」と言ってらしたそば湯を足すと、何ともいいお味になりました。

身も心も温まります。

ごちそうさまでした。

堺市堺区宿院西1−1−16
072(232)0093

ちく満そば(蕎麦) / 宿院駅寺地町駅大小路駅

昼総合点★★★★ 4.3








ラベル:ちく満 千利休
posted by ジーロンド at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック