2013年04月11日

京都市美術館 リヒテンシュタイン展へ行ってきました

京都市美術館で開催中のリヒテンシュタイン展へ行ってきました。

同じ美術館でゴッホ展も同時併催は、ちょっと珍しい。 
2013_0410_142856-DSC00779.JPG


恒例の、ポストカードから何点か、ご紹介しましょう。 
2013_0411_094125-DSC00804.JPG
「ぜんまい仕掛けの酒器(牡鹿に乗るディアナ)」 ヨアヒム・フリース 1610/12年
 
2013_0411_094113-DSC00803.JPG
 「マグダラのマリア」 グイド・レーニ 17世紀前半
 
2013_0411_094041-DSC00801.JPG
「マリア・デ・タシスの肖像」 アンソニー・ヴァン・ダイク 1629/30年頃

さすがに人物画の大家。気品と風格を感じさせます。

この画家の絵も好き。 
2013_0411_094137-DSC00805.JPG
「ヴェネツィアのサン・マルコ広場、鐘楼のある眺め」 カナレット 1723以前

独特の空気感を感じます。

カメラオブスクーラを使ってたそうです。

フェルメールと同じですねアート

最後の部屋は、この展覧会の白眉 ルーベンスの絵が、8点展示されていました。 
2013_0411_094152-DSC00806.JPG
「マルスとレア・シルヴィア」 ペーテル・パウル・ルーベンス 1616/17頃

私の好きな神話の絵。

軍神マルスが、かまどの女神ウェスタの神殿に使える巫女レア・シルヴィアに恋をします。

のちに二人の間に生まれた双子が、ロムルスとレムス。

そう、ローマを建国したと伝わる二人です。 
2013_0411_094057-DSC00802.JPG
「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像」 ペーテル・パウル・ルーベンス 1616頃

画家自身の長女 5才の時の肖像画。

この展覧会ホームぺージやチラシの表紙になっている代表作です。

そのほとんどが日本初公開。

すぐ隣のゴッホ展よりずっと空いてたので見やすかったですよるんるん




地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック