2013年05月11日

生誕130年 ユトリロ展 〜大阪高島屋〜  

大阪高島屋で開催中の「生誕130年 ユトリロ展」へ行ってきました。

70余点の展示作品中、40点以上が日本初公開でした。

よく知られている「白の時代」作品と違った、カラフルな作品は新鮮でした。 
2013_0508_122323-DSC01068.JPG
「石の教会、デュレット=カンシエ」1925年頃
  
2013_0508_122302-DSC01067.JPG
「プリュネリ=ディ=フィウモルボの教会と司祭館」1924年

次の絵は、3年ほど前に京都で見た記憶があります。 
2013_0508_122336-DSC01069.JPG
「小さな聖体拝受者 トルシー=アン=ヴァロアの教会」1912年頃
  
2013_0508_122416-DSC01071.JPG
「リュサの城、シャスヌイユ=スュル=ボニウール」1936年
  
建造物は丁寧ですが、人物はかなり拙い筆致。

「ヒト」にはほとんど関心がなかったようですねたらーっ(汗)
2013_0508_122402-DSC01070.JPG
「テルトル広場、サン=ピエール教会とサクレ=クール寺院、モンマルトル」1935年頃


5月20日(月)まで、7Fグランドホールで開催中です。

私も今一度、足を運んでみるつもりでするんるん

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック