2017年01月04日

ふたつのグリーンのガーネット

しばしばグリーン・ガーネットとの名前で、ジュエリー店にならぶツァボライト。

主成分が、Ca(カルシウム)とAl(アルミ二ウム)のグロッシュラーライト・ガーネットに属します。

2010_1112_113119-DSC03255.JPG


グリーンのガーネットと言えば、ロシア産で知られるデマントイドを忘れてはなりませんよね。

 
2016_1226_102242-RIMG0640.JPG


こちらは、Cl(カルシウム)とAl(アルミ二ウム)の代わりにFe(鉄)を主成分とするアンドラダイト・ガーネットの一種。

鮮やかなグリーンは、Cr(クロム)がその原因。

したがって色だけで、前者をグリーン・ガーネットと呼ぶのは、ちょっと乱暴な気もします(汗)


この二種のガーネット ルースを、ホームページに掲載しました♪

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック