2013年08月29日

宮廷画家ルドゥーテ〜花の美学展  大阪 高島屋

難波の高島屋の7Fグランドホールで始まった、「宮廷画家ルドゥーテ〜花の美学展」を見て来ました。 
2013_0828_133142-DSC02519.JPG


18世紀末のフランス革命前後に活躍したピエール・ジョゼフ・ルドゥーテ(1759〜1840)の作品展。
あのマリー・アントワネットや、ナポレオン皇妃ジョゼフィーヌらに、宮廷画家として仕えた人物。
「花のラファエロ」「バラのレンブラント」とも讃えられる画家です。 

購入したポストカードから少しご紹介しましょう。
2013_0828_133315-DSC02520.JPG
「扉絵」(「バラ図譜」より)
   
2013_0828_133339-DSC02521.JPG
「バラ(ロサ・オドラタ・スルフレア)ブーケ」(「美花選」より)

ニ匹の青い蝶が、あとから書き加えられた模様です。 

2013_0828_133353-DSC02522.JPG
「赤のラナンキュラス、紫と黄色のパンジーの花束」 肉筆画


美しい色と華やかさ、花と宝石って共通点大ありですね。
耐久性、永遠性はさすがに求める事はできませんが・・・。 
2013_0828_133412-DSC02523.JPG
「ツバキ、スイセン、パンジー ブーケ」

マリー・アントワネットとジョゼフィーヌが愛したと思われる香水の香りをを嗅ぐコーナーもあって楽しめますよ。
皆さまもぜひどうぞるんるん
2013年8/28(水)〜9/9(月)



地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック