2013年09月16日

ガーネットの中間タイプ

主成分によって、大きく分けて6種類に分かれているのが、ガーネット属です。

MnとAlを主成分に持つのが、スぺッサータイト。
FeとAlを主成分に持つのが、アルマンディン。
そのMnとFeをほぼ等量持つのが、これです。 
2013_0914_195741-DSC02767.JPG
ウンバライト 0.66ct タンザニア産


1979年、タンザニアのウンバ鉱山で発見されたので、この名があります。

CaとAlを主成分に持つのが、グロッシュラーライト。
CaとFeを主成分に持つのが、アンドラダイト。
そのAlとFeをほぼ等量持つのが、これです。 
2013_0914_200403-DSC02771.JPG
マリガーネット 0.90ct マリ共和国産


東アフリカから遥か遠く、中西部のマリ共和国ケーズ近郊で産出したもの。

それぞれの個性があって、しかも非加熱無処理石。
もっと顧みられてもいい気がする希少宝石です。

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp
posted by ジーロンド at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック