2018年07月02日

雑学「ルビをふる」の由来

「ルビをふる」って言葉がありますよね。

あれって、実は宝石のルビーの事なんです。


2015_0606_111011-DSC08159.JPG


19世紀イギリスの印刷業界では、活字の大きさを示す”ポイント”は、ジュエリー用語でした。

すなわち・・・
       3.5ポイント=brilliant(ブリリアント)

         4ポイント=gem(宝石)

         5ポイント=pearl(真珠)

       5.5ポイント=ruby(ルビー)

         6ポイント=nonpareil(絶品)

       6.5ポイント=emerald(エメラルド)

役所の文書は、規定で10.5ポイントと定められます。

それに対応する小さなふりがなの活字の大きさが5.5ポイント。
つまりルビーってワケなんです。


7月の誕生石 ルビーをホームページに掲載しました。
あわせてご覧くださいませ。

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 無処理ルビー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック