2014年07月31日

文楽鑑賞のあとざるそばで一杯

国立文楽劇場で二度目の文楽を鑑賞しました。

友人が取ってくれた席はなんと、一番前。 
2014_0730_180543-DSC06198.JPG
  
2014_0730_180320-DSC06197.JPG


演目は、没後290年 近松門左衛門「女殺油地獄」。

さすがに一番前だと、人形の所作や表情がよくわかり臨場感は凄い。

終盤の見せ場も大迫力でした。

予想以上に素晴らしい舞台で、大満足。



さて終演後、友人ご夫婦と向かったのが、こちら 道頓堀 更科さん。 
2014_0730_221509-DSC06207.JPG


白くみずみずしいお蕎麦を手繰りながら、日本酒を一杯。至福の時。

2014_0730_213646-DSC06203.JPG

友人の奥方 Tさんが購入していたパンフレットを見ながら、しばし文楽談義。

大阪が誇れる世界文化遺産への思いを共感し合いました。


さて、清算する時、店の女将がTさんに何か耳打ち。

別のテーブル席には、豊竹英太夫さんが来店しておられました。

Tさん「パンフレットにサイン頂こう〜っと!」女将さんが仲立ち。

ほんのちょっとでしたが、歓談にも応じて頂き、感謝感激の素敵な一夜となりましたるんるん


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp

posted by ジーロンド at 15:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2日土曜日のレイトショーは満員御礼が出たそうです。
ほんまに面白かったですね。
マイ嫁Tも喜んでいました。
Posted by nao道 at 2014年08月03日 22:44
>nao道さん
よくぞ最前列をゲットして下さいました。
ほんに感謝ですm(__)m

観劇&感激の一夜でしたね(^O^)/
Posted by ジーロンド 新城 靖 at 2014年08月04日 11:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック