2017年06月09日

ジーロンドなら出会えます♪

イギリス王室 第一の王冠には、「黒太子のルビー」という赤い石がセットされています。

西暦1415年 英仏で争った百年戦争 その局地戦 アザンクールの戦い。
時の英国王ヘンリー5世の危機を救ったとされる、とりわけ有名な宝石です。

2010_0208_125306-DSC01559.JPG


文字通り 英国王室を守護する宝石ってワケ

今は、観光名所 ロンドン塔に大切に保管されています。

2017_0107_163346-RIMG0654.JPG
昔、行った時に撮った一枚
あまりに真剣に宝物に見入ってしまい、守衛さんに注意された思い出が・・・(笑)



ところがこの宝石、実際はルビーではなく、赤いスピネルだそうです。


そもそもルビーという名称は、「(美しい)赤い石」という意味のざっくりした呼び名でした。
同じ場所で産出した赤いスピネルも、昔なら一緒くたに「ルビー」と呼んでても無理はない。

その後の鉱物学、結晶学の進歩から、ルビーとスピネルが全く別種の鉱物だと判明したんです。

改めて原石を見てみると、確かにその特徴に違いが見られますね。

2010_0110_155910-DSC01356.JPG


また、ルビーと違い加熱処理の必要がない無処理石ばかりという安心感も、スピネルにはあります。


ところがところが、産出量は逆にルビーよりも少なくよりレアです。
ジュエリー市場でも流通は限られています。
むしろ、出会えたらラッキー🎵

そんな珍しい宝石とも、ジーロンドなら出会えます♪

さらには、オーダーなんかもできちゃいますよ


「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スピネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック