2015年11月28日

「ビジュー・ド・ファミーユ(家代々の宝石)」にふさわしい一品

それは、19世紀中ごろ、ロシア ウラル山脈で初めて発見されました。

ガーネット族で、最も高い価値を誇ります。

2014_0618_151224-DSC05647.JPG


ロシア産特有のホーステール(馬の尻尾状)インクルージョンが見てとれます。

このインクルージョン、かつては馬を愛したヨーロッパ貴族の間で「幸運の象徴」として、特に愛でられました。
やがて、最初の鉱脈は枯渇。
「ぜいたくは敵」の社会主義国家 ソ連になってからは、全く省(かえり)みられなくなった運命の宝石。

フランスで言う「ビジュー・ド・ファミーユ(家の宝石)」にふさわしい一品です。

新しくホームページに掲載しました。

あわせてぜひご覧下さいませ

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | デマントイド・ガーネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック