2017年11月27日

サイト、ライト、ナイト・・・

先日 あるブログ読者の方から、こんなお問い合わせのメールを頂戴しました

「宝石や特に鉱物に、🌕🌕サイト、🌕🌕ライトとつくものが非常に多いですが、
どういう意味なのでしょうか?なぜなのでしょうか?」

なるほど、確かにそうですよね。

2015_0313_103636-DSC07631.JPG
ウンバライト


2016_0121_110442-DSC09210.JPG
アウィナイト


宝石の名前や用語には、ギリシャ語起源のものが多いです。

ギリシャ語で「lithos(リトス)」が、「石」という意味。

その音(おん)が変化して、鉱物 宝石に□□サイト、□□ライト・・・って名前が付けられるようになりました。

その昔 ヨーロッパの文芸学術の中心だったギリシャの名残りとも言えるでしょうね。

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 08:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ターフェアイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜。
あのぅ、リトスがライトにどう変化するのか、さっぱりわからないです〜(笑)
Posted by キャサリン at 2016年02月17日 12:38
>キャサリンさん
「lithos」の中の「it」を「アイト」って読んだのが習慣化したのでしょうね。
蛇足ながら、ターフェアイトは、英語圏ではターファイトって発音します(^_-)
Posted by ジーロンド 新城 at 2016年02月18日 12:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック