2018年03月14日

不遇の時代を生きぬいた宝石

西暦1850年ごろ ロシアで見つかった新種の宝石 デマントイド・ガーネット。

実に美しいグリーンで「最高の価値」を誇るガーネットの仲間です

2016_0530_105640-CIMG0898_237x180.JPG

発見から半世紀 1917年のロシア革命で、「ぜいたくは敵」思想の社会主義国家 ソ連が誕生。

以後この宝石は、鉄やクロムを精錬するための鉱石として扱われました。
原石のすべては、破壊されたそうです。

実際に、旧ソ連の時代 この宝石を見る機会は一切ありませんでした。
宝石にとって不幸な時代は、人間にとっても不幸な時代なんですね。


そんな不遇の時代を、したたかに生きぬいたこの宝石。
私たちにも、あしたを生きるエネルギーをもたらしてくれる気がします。

この宝石のジュエリー製作例を、ホームページに掲載しました

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | デマントイド・ガーネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック