2016年06月02日

遷移元素を含まないガーネット

Mn(マンガン)とAl(アルミニウム)を主成分とするのが、スペッサータイト・ガーネット。

2016_0305_102112-DSC09388.JPG


このルースは、そのスペッサータイト・ガーネットの中でも、ひときわ美しいマンダリンと呼ばれるもの。

Ca(カルシウム)とFe(鉄)を主成分とするのが、アンドラダイト・ガーネットです。

2016_0418_104814-DSC09505.JPG


このルースは、その変種 奈良県産 レインボー・ガーネット。

カラーストーンのほとんどは、遷移元素と呼ばれる元素が結晶内に取り込まれる事で、光の吸収を生じるためにそのカラーを発します。

遷移元素・・・Ti(チタン)、Mn(マンガン)、Fe(鉄)、Co(コバルト)、Ni(ニッケル)、Cr(クロム)、Zn(亜鉛)

もっとも、吸収のあとに残された残留色と言うべきですが・・・。

ガーネットの場合 遷移元素が主成分になっています。

さて、遷移元素ではないCa(カルシウム)と Al(アルミニウム)を主成分に持つガーネットがあります。

この場合 不純物に遷移元素が入らなければ、カラーは一体 どうなるのでしょう?


そんな珍しいガーネットを、ホームページに掲載しました。

ぜひご覧下さいね


「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ガーネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック