2017年02月27日

現地でビコロールと呼ばれるトルマリン

ブラジルを代表する宝石 トルマリンの変種です。

2017_0220_165748-RIMG0860.JPG


ふたつの宝石素材を接着させたかのような、鮮やかな分かれ目ですね。

トルマリンの和名は、電気石。

熱や圧力がかかると、静電気を発する特徴から名付けられました。

また、昔からパイプの中の煙草の煤(すす)を掃除するのに、その性質を利用していました。

「アッシェントレッカー(灰を引きつける物)」と呼ばれてたそうです。



タイトルの「ビコロール」は、ブラジルの公用語 ポルトガル語。

英語名と商品の詳細は、コチラのページでどうぞ

「見たことのない宝石がいっぱい!」

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]



posted by ジーロンド at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | トルマリン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック