2017年07月11日

石の大きさが二倍になると、値段も二倍になるの?

ジュエリーユーザーの方の素朴な疑問かも知れません。

同じ品質の宝石1カラットと2カラットの値段の差は、二倍なのでしょうか?

2016_1208_130849-2013_0726_105419-DSC02139-thumbnail2.jpg


17世紀フランスに、ルイ14世のおかかえ宝石商だった人物がいました。

2017_0711_114032-RIMG2017.JPG
ジャン・バプチスト・タベルニエ(1605〜1689)


ヨーロッパの宝石商として、6度もインドへ旅をしました。

グレート・ムガル・ダイヤモンド、シャー・ダイヤモンド、フローレンティン・ダイヤモンド。
そして有名なホープ・ダイヤモンドなど、歴史に名を残す有名ダイヤモンドにも関わった人物。

この人物が伝えた宝石の大きさ(重さ)と値段の算定法は、次のようなものでした。

大きさが二倍になれば、その価値は2乗に比例する

彼の名をとってタベルニエ・ルールと呼ばれます。

確かに大きさが二倍になれば、希少価値は上がるので、ある意味 納得かも?

実際のジュエリー市場には、いろんな要素がからみあって来ます。
このルール通りにはなりません。

でも、豆知識として知っておいてもいいでしょう

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
 
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451705195

この記事へのトラックバック