2019年03月12日

100年の眠りから覚めた伝説の宝石

大きく分けて6種類ある1月の誕生石 ガーネット。

その中で、とりわけ希少価値が高いのが、クロムグリーンの「デマントイド」です。

1853年頃 ロシア ウラル山脈で発見されました。

この宝石の特徴「ホーステール(馬の尻尾)インクルージョン」。
馬を家族同様に愛した当時の貴族たちに大変な人気でした。

DSC_0681.jpg
Demantoid Garnet「宝石の世界」 日独宝石研究所発行 2005年10月


その後のロシア革命で王政が廃され、「ぜいたくは敵」思想に。
クロムやアルミニウム、鉄を精錬するため、その原石はすべて砕かれるという不幸な時代が続きます。

ソ連崩壊後の2002年 ようやく旧鉱床近くクラドフカで、鉱床を再開発。

かつてロシア皇帝や貴族しか持つことを許されなかった幻の宝石なのです。

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 18:27| Comment(0) | ガーネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: