2018年02月18日

同じ種類だと思われていた二つの宝石

ミャンマー モゴック地区で採れた美しい二つのルース



ラテン語で「赤」を意味する”ruber”が語源の宝石。
そう、ルビーです!

と言いたい所ですが、右側のやや暗くオレンジがかった方は、スピネル。

ルビーとスピネルが別々の宝石だってわかったのが、235年前 1783年のこと。

その162年後 スピネルからさらにあの新種宝石 ターフェアイトが発見されます。
その当時は、誰にも想像できなかったでしょうね

ジーロンドに勢ぞろいした宝石たちには、そんな物語があります


地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]
posted by ジーロンド at 13:00| Comment(0) | スピネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: