2018年04月04日

「世界一有名なルビー」はルビーじゃない!?

英国王室 戴冠式用の王冠 インペリアル・ステート・クラウン。

DSC_0715.jpg
むかしロンドン塔で買ったガイド本


この中央部に「世界一有名なルビー」がセットされています。
呼び名は、「Black Prince's Ruby(黒太子のルビー)」。

「黒太子」と呼ばれた英国 エドワード皇太子(1330〜1376)が、スペイン カスティリャ王国のドン・ペドロ王から贈られたもの。 

1415年 アザンクールの戦場では、絶体絶命の英国王ヘンリー5世を救ったと伝わる宝石です。

ところがこの宝石 実は、ルビーではなくスピネルだそうです

美しい色も産地もかぶるこの二種の宝石は、全く混同されてたんです。

スピネルはルビーとは違う鉱物だ!と指摘したのは、フランスの学者 ロメ・ド・リール。
フランス革命前の1783年のことでした。

でもむしろ、希少性は(レッド)スピネルの方が上だとされています。

マックス・バウアー(1844〜1917)は、名著「Edelsteinkunde(Precious Stones)」を書いたドイツの鉱物学者。
その著書の中で、宝石の価値基準を5段階に区別。
最上ランクの宝石に、ダイヤモンド、ルビー、サファイアと並んでスピネルを挙げています。



硬度もあって、エンハンスメントなしでも美しいスピネル。
当店でも人気の宝石です



地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

英国王室 戴冠式用の王冠 インペリアル・ステート・クラウン。

DSC_0715.jpg
むかしロンドン塔で買ったガイド本


この中央部に「世界一有名なルビー」がセットされています。
呼び名は、「Black Prince's Ruby(黒太子のルビー)」。

「黒太子」と呼ばれた英国 エドワード皇太子(1330〜1376)が、スペイン カスティリャ王国のドン・ペドロ王から贈られたもの。 

1415年 アザンクールの戦場では、絶体絶命の英国王ヘンリー5世を救ったと伝わる宝石です。

ところがこの宝石 実は、ルビーではなくスピネルだそうです

美しい色も産地もかぶるこの二種の宝石は、全く混同されてたんです。

スピネルはルビーとは違う鉱物だ!と指摘したのは、フランスの学者 ロメ・ド・リール。
フランス革命前の1783年のことでした。

でもむしろ、希少性は(レッド)スピネルの方が上だとされています。

マックス・バウアー(1844〜1917)は、名著「Edelsteinkunde(Precious Stones)」を書いたドイツの鉱物学者。
その著書の中で、宝石の価値基準を5段階に区別。
最上ランクの宝石に、ダイヤモンド、ルビー、サファイアと並んでスピネルを挙げています。



硬度もあって、エンハンスメントなしでも美しいスピネル。
当店でも人気の宝石です



地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]

posted by ジーロンド at 12:49| Comment(0) | レッドスピネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: