2018年05月15日

ライラックピンク宝石の名前の由来

私たちは、宝石にまつわるいろんな伝説や迷信を受け継いできています。

昨今のパワーストーンブームも、その延長でしょう。


2016_1118_112324-RIMG0428.JPG


1913年初版の「THE CURIOUS LORE OF PRECIOUS STONES」。
高名な宝石学者G.F.クンツ博士の著作。

写真も豊富で、読み応えのある本。
ご縁があって今、当店の収蔵書です。

和訳も出版されています。
鏡リュウジ氏が翻訳された「宝石と鉱物の文化史」(原書房刊)。


クンツ博士は、ティファニー社の顧問で副社長でもありました。





ライラックピンクのこの宝石の名前の由来にもなってます。

地下鉄なんば駅から徒歩3分 アクセス
ご来店予約・お問い合わせは、06-6213-7018
メールの方は、こちらからどうぞ g-rondo2009@sweet.ocn.ne.jp


[ここに地図が表示されます]


posted by ジーロンド at 11:29| Comment(0) | ジュエリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: